対談!

タレント関係編

Q: 今まで全5回の出場者のうち、『本気で、上手い』と思った出場者は誰?
遠藤 自分の船に乗られた方でうまいというか、よく釣りをしている(慣れている)と感じたのは、つるのさん、武蔵さん、杉浦太陽さんです。

Q: 今まで出場した女子の中で一番、カワイイと思った釣女(ガール)は誰?
遠藤 やはり、テレビに出ている方は、並みじゃない。 と思います。いままで5回で一緒に写真を撮ってもらったのは、山本梓さんと磯部さちよさんです。やっぱり オーラというかフェロモンというか いい感じ です。(すいません鼻の下が伸び伸びでした)

Q: TFCのガイドで一番、難しいことは何ですか?
遠藤 参加者全員が釣れる場所で、危険なエリアではないこと。初心者の方もいらっしゃるので一発勝負ではなく数が釣れる釣り方を優先している。

Q: 出場者の中で、意外な一面を見せた人・・・って誰かいましたか?
(意外に短気・・・意外に優しい・・・)
遠藤 いつもテレビや雑誌の取材チームが同乗しているので怒ったりする方はいらっしゃりませんでした。(運良くいつもそこそこ釣れているので!)過去5回中 つるのさんチーム4回、女性チーム1回を担当しましたが、女性チームの時に初優勝!つるのさん、ごめんなさい。芸能界で生きて行く女性は、さすが持ってる! って感じました。


釣りテクニック編

Q: 9月、大型のシーバスを仕留めるためのポイントは?
遠藤 おそらく9月の大会では、キャスティングが中心になると思います。船長のポイント選びも重要ですが、しっかり投げて掛けた魚をきちんとやり取りして釣る。偶然性は低く、実力勝負になると思います。

Q: おすすめのルアー、タックルは?
遠藤 いまの段階ではわかりませんが、スピニングタックルにミノー、バイブレーションといったキャスティングタックルで、エリアに応じたルアーセレクトが必要です。

Q: キャストのポイント、上手くなる秘訣は?
遠藤 基本はとにかく遠くへ飛ばすこと。しっかりロッドを曲げて振り切る。タイミングが重要です。1、2、3〜 ってやれば難しくないですよ。

Q: ボートシーバス釣りの魅力は? はじめてでも大丈夫?
遠藤 この大会のようにはじめての人でも気軽に楽しく、仲間とルアーフィッシングが楽しめることだと思います。ガイド船と言われる小型ボートでのシーバス釣りは、基本的に船長が操船し、お客様の面倒もみてくれますので全くはじめての方が、いらしても優しく教えてくれます。レンタルタックルもあります。釣れるルアーも用意してあります。実際の釣りはゲームの100倍面白いですよ。是非チャレンジしてみて下さい。

東京湾シーバスガイドサービス
アイランドクルーズ
チーフキャプテン 遠藤正明


閉じる